« 手が震える空気がある | Main | 二十歳のうなじが歩き、去ってゆく »

January 08, 2005

思わず雪を踏んだ

君の歌う迷える歌の抑揚が僕の歩調となってしまった

|

« 手が震える空気がある | Main | 二十歳のうなじが歩き、去ってゆく »

Comments

幸子さん

幸が付く名前はいかんと言われるが私をみてよ違うでしょう


夜ふけすぎ空腹満たすことよりもやっぱり自慰は欠かせないのだ

Posted by: 才能皆無かつ | January 09, 2005 at 02:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58221/2509569

Listed below are links to weblogs that reference 思わず雪を踏んだ:

« 手が震える空気がある | Main | 二十歳のうなじが歩き、去ってゆく »