« しなだれかかる女を避ける | Main | 出会いが背中に乗ってくる夜 »

January 21, 2005

悲しい歌も電波は送る

泣いていい 冬の日差しに晒されたシーソーを一人で動かすように

ゆっくりと朝になる日はこの街の境界線を踏みしめてみる

|

« しなだれかかる女を避ける | Main | 出会いが背中に乗ってくる夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58221/2647380

Listed below are links to weblogs that reference 悲しい歌も電波は送る:

« しなだれかかる女を避ける | Main | 出会いが背中に乗ってくる夜 »