« 題詠マラソン001~010 | Main | 愛欲は唐突に降り始める »

March 09, 2005

題詠マラソン011~020

011:都 予報-雪 現実は雨 ジャンパーの都知事の書いた『弟』を読む

012:メガホン ブニュエルはメガホンで叫ぶか繰り返す欲望の波叶えられずに

013:焦 コーラ二杯飲み乾したあとの君の汗は焦げた匂いで滴ってくる

014:主義 「愛してる?」「うん、愛してる。でも私、昔の人と寝ない主義なの」

015:友 孝則は友人であるその前に昔の女の夫でもある

016:たそがれ 麻美ひとりたそがれている降りそそぐネオンの色を背景にして

017:陸 陸に住む獣のうちで誰よりも酷薄である今日の私は

018:教室 教室で抱き合ってみたあの頃の君の匂いはシトラスだった

019:アラビア アラビアの音楽なのかコーヒーは乾いた喉を乾かして落つ

020:楽 吾が猫は楽々とした寝姿で果ててしまった君に寄り添う

http://www.sweetswan.com/daiei-2005/

|

« 題詠マラソン001~010 | Main | 愛欲は唐突に降り始める »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58221/3232317

Listed below are links to weblogs that reference 題詠マラソン011~020:

« 題詠マラソン001~010 | Main | 愛欲は唐突に降り始める »