« 愛欲は唐突に降り始める | Main | 昔の人はもう明らかに昔の人だ »

March 11, 2005

題詠マラソン021~030

021:うたた寝 また人が死んだのだろうサイレンの遠鳴りを聞きうたた寝をする

022:弓 いつか見た弓形の月がビルの上にあるのに僕は君とはいない

023:うさぎ いつのまに門の上には雪うさぎ少年の手の大きさである

024:チョコレート 渋谷にてチョコレート買うどれもみな苦味が強く素敵な味だ

025:泳 この街を泳ぎきるには酔いすぎて立ちすくむには幸せすぎる

026:蜘蛛 面影の背に蜘蛛の刺青彫る消息すらも知らないけれど

027:液体 バス停に少女が一人立っていて見知らぬ名前の液体を飲む

028:母 夕暮れに飛び来る鳥の数ほどを分母と定め愛してあげる

029:ならずもの 100km/hの速度で君を奪い去るならずものなりあの日の吾は

030:橋 吾の行くいたるところに戻橋ルサンチマンの街は雪空

http://www.sweetswan.com/daiei-2005/

|

« 愛欲は唐突に降り始める | Main | 昔の人はもう明らかに昔の人だ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58221/3256881

Listed below are links to weblogs that reference 題詠マラソン021~030:

« 愛欲は唐突に降り始める | Main | 昔の人はもう明らかに昔の人だ »