« タバコはちゃんと最後まで吸え | Main | 題詠マラソン041~050 »

March 14, 2005

題詠マラソン031~040

031:盗 とりあえず盗んだミカンを投げ上げて雲の切れ間を見つけた午後だ

032:乾電池 時計から転がり出でた乾電池は転がってゆくいつかの方へ

033:魚 深海の魚は静かに深海へ僕は孤独の褥の中へ

034:背中 球児らよ!敗れた者の背中には報いにならぬ落日である

035:禁 禁じよう酒もバイクもセックスも お前が好きだと百ぺん言おう

036:探偵 雅彦は愛する妻の探偵の身上調査を読んでしまった

037:汗 きみの汗は僕の芯まで沁み透るたとえどんなに愛はなくても

038:横浜 横浜は高速道路に切り取られ大佛次郎館に雨が降り出す

039:紫 紫に陽の出る気配をきみと見るレモンジュースはとても冷たい

040:おとうと 孝則はつまりは僕のおとうとできみを介した血縁になる

http://www.sweetswan.com/daiei-2005/index.html

|

« タバコはちゃんと最後まで吸え | Main | 題詠マラソン041~050 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58221/3294555

Listed below are links to weblogs that reference 題詠マラソン031~040:

« タバコはちゃんと最後まで吸え | Main | 題詠マラソン041~050 »