« 題詠マラソン071~080 | Main | 題詠マラソン089~100 »

March 28, 2005

題詠マラソン081~088

081:洗濯 僕たちは洗濯物を干したまま夜になるまで愛し続けた

082:罠 笑顔など罠にすぎない若者よ少女の顔を見ていけない

083:キャベツ この僕はキャベツ畑で引き抜かれ泥付のままおまえに遭った

084:林 森林の葉のざわめきで立ち消えた愛のことばを打ち捨てて抱く

085:胸騒ぎ 警鐘のつもりであるか防災のニュースは胸騒ぎだけを残して終わる

086:占 大国に占領された街角で怨みは幼きその子らに降る

087:計画 少年は銃の乱射を計画し黄色いシャツをただ脱ぎ捨てた

088:食 食うことは生きることだと少年の売りし土産をひとつだけ買う

http://www.sweetswan.com/daiei-2005/index.html

|

« 題詠マラソン071~080 | Main | 題詠マラソン089~100 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58221/3480184

Listed below are links to weblogs that reference 題詠マラソン081~088:

« 題詠マラソン071~080 | Main | 題詠マラソン089~100 »