« 釉薬の緑は孤独な色だ | Main | 夜が明けるまで酒を飲んでた »

March 06, 2005

掻くその場から消えてゆく雪

今日からは青い背びれの淡水魚行き場のなさをさらして生きる


題詠マラソン2005」からの自選です。

|

« 釉薬の緑は孤独な色だ | Main | 夜が明けるまで酒を飲んでた »

Comments

初めまして。
題詠マラソンからきました♪
黒田さんの短歌、どれもすごくいいですね。
とくに「発見」「時」「弓」「ならずもの」が大好きです。
軽い言葉で詠んでいらっしゃいますが、内容はどれも深いものを感じました。
これからの作品も楽しみにしています。
よろしくお願いします。

Posted by: mako | March 07, 2005 at 09:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58221/3192295

Listed below are links to weblogs that reference 掻くその場から消えてゆく雪:

« 釉薬の緑は孤独な色だ | Main | 夜が明けるまで酒を飲んでた »