« March 2007 | Main | February 2009 »

August 03, 2007

013:スポーツ(黒田康之)

スポーツを戦略と読む友がいて万骨風にからからと鳴る

| | Comments (1) | TrackBack (0)

012:赤(黒田康之)

この滾る赤き血潮を何とせむ夏の神輿は目の前にある

| | Comments (1) | TrackBack (0)

011:すきま(黒田康之)

こんな日は夕立であれなんであれすきまなく降れすきまなくあれ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

010:握(黒田康之)

倒れそうな僕に触ってこの手でもシャツの端でも握ってよ 今!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

009:週末(黒田康之)

週末に終わったもののいくつかの遺骨を拾う晴れ間なき空

| | Comments (1) | TrackBack (0)

008:種(黒田康之)

種田山頭火は分け入っても分け入ってもと詠うだから何だ!台風が来た!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 01, 2007

007:スプーン(黒田康之)

海たちをスプーンに映す青たちがゆがんで見える僕の手のひら

| | Comments (1) | TrackBack (0)

006:使(黒田康之)

『小間使いの日記』など見る夕立ちの悪意の中に降り込められて

| | Comments (2) | TrackBack (0)

005:しあわせ(黒田康之)

しあわせはみんなに来ると習ったが来るはずのない未来だけある

| | Comments (1) | TrackBack (0)

004:限(黒田康之)

梅雨空に触れてみたくて伸ばす指どうしようもなく三限の鐘

| | Comments (1) | TrackBack (0)

003:屋根(黒田康之)

青空が僕らの屋根だ隠されてるとは気がつきもせず

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | February 2009 »