December 17, 2005

12月のそら

自由律七句

Continue reading "12月のそら"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

自由律~交通②~

つぎつぎと黄信号を走り抜けて通勤する 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 07, 2005

自由律~交通①~

資本資本で出来た高速道路で海へ行く休日

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2005

しなだれかかる女を避ける

水色のカーテンをする冬の闇

飲み水はもう凍てている午後6時

真昼間に思わぬ雪を踏みにけり

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2005

紺のスーツは陽が沁みる

冬の日が降り下りてくるガラス窓

ジャージ履く少女の群れて下り坂

通り行く婆のマフラー凍てている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2005

雪解けの道は光る

凍てている道黒ければ子は走る

息白く群れたる子らが騒ぎ行く

急坂を滴り落ちる雪の跡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2005

雪解けの水の音がする

満面の笑顔の子らに桜咲く

桜花坂道に立つ親子連れ

高層のガラス一面に桜花

思い出よ崩れかかって桜花

花陰に語る言葉の居残れる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2005

水雪が離れないスコップ

朝の風蝶として舞う花がある

窓辺にはもう花びらが二三辺

卒業の眼鮮やかに雲もなし

麗しき背に降りかかる花の影

細き指花びらつかみ逃がしやる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2005

朝は道が黒い

のっそりと自転車を置く花の夜

雪解けの水に触れれば笑いけり

枕辺にさくらの花の光差す

ほっそりと娘の影が花の下

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2005

春の鳥が木の芽を食べている

娘子のどこまで白い春の肌

桜の芽啄ばむ鳥は緑色

やわらかく流れる髪に花の紅

卒業の眼を赤くした子らの群れ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

俳句 | 短歌